器材購入とレンタルのメリット・デメリット

0415ダイビング 洞窟

スクーバダイビングをするには、多くの専用器材が必要となります。
そして、これらを購入するのかレンタルするのか、と2つの選択肢から選ぶことができます。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、どちらが良いとは一概にはいえません。
自分の状況や目的に合わせて選びましょう。

<器材購入のメリット・デメリット>
自分の器材を購入する場合、自分に合ったものを選ぶことができます。
また、いつも同じものを使用することができますので、安心感もありますし、スムーズに使用することができるでしょう。
しかし、ダイビングの器材は非常に高価です。一度に全てを揃える場合、かなりの費用が必要となってきます。
また、大型でとても重い器材もありますので、運搬も簡単ではありません。
ボンベなどは業者によって配達を断られてしまうこともありますので、その輸送手段も考えなければなりません。

<器材レンタルのメリット・デメリット>
回数が少なければ、購入にくらべてはるかに安い費用で器材を使用することができます。
これから先、どのくらいダイビングを続けるのかわからない、といった初心者であれば最初はレンタル器材を利用する方がお得でしょう。
また、目的のダイビングスポットの近くのショップでレンタルすれば運搬の手間も省けます。
しかし、レンタルする器材は毎回同じものであるとは限りません。その度に使用方法を確認して、慣れるまでの時間がかかってしまうことも少なくありません。
それぞれのメリット・デメリットをよく理解した上で、自分にとってどちらが適しているのかを考えて選びましょう。
沖縄でダイビングをしたいという方、ダイビングショップ探しならコチラの沖縄ダイビング・シュノーケリング予約サイト【沖楽】サイトがオススメです。

沖縄ダイビングショップランキング

http://www.tabinchu.net/activity/dive/